paladinsを元世界トップランカーが徹底攻略。トロフィー、戦い方等々

書くよと書いてから時間が経ち、長かったβ版が終わりまさかの日本語版配信までされたパラディンズの攻略記事を今更ではありますが書いていきます。

筆者のパラディンズ評は下手な人が多く初心者向けのゲーム。
プロも全く上手いとは思えず、オーバーウォッチことOWとは全てのシーンで差があるように感じている。
ヒール(回復)を貰えなくとも、カード使わなくとも、一試合0デスで暴れ回ることが可能。流石にpipは弱すぎて無双するのは無理ですが、大半のキャラならば可能です。キネッサでもね。
役に立つかはわかりませんが、とりあえずまとめていこうと思います

パラディンズとは

無料で出来るキャラクターシューティングゲームで初心者向けのゲームです。
スプラトゥーンよりも下手なユーザーが多く上手い人はほぼいない。
バトルボーンのようにキャラクターが豊富なので長く楽しめるゲームですし、一度はやってみてもらいたいゲームの一つです


スポンサーリンク

Paladins大攻略

無敵のトップランカーだった私が使っていたキャラ等

時期も違うので参考程度で御願いします。
βの時は周りも下手なのしかいなくて、マッチング時間とそれに見合わぬ下手さで辞めた口なので今とは若干違うでしょうから

だいたいこんな感じ
ダメージ、キル、キルストは敵味方合わせて常にトップで、場内アナウンスがされるキルストを狙ってました。(ランページとか)あれで15killをよくしてましたね
デスは基本0。しても2.3。5以上は記憶にありません(けどたぶんしてはいるはず)

使用キャラ

基本的にダメージとフランク。
味方に任せてられなかったのでCODことコールオブデューティ感覚でTDMしてました。もちろん拠点には入ってましたよ。CODではドミネ勢だったので拠点は無視出来ないですから(してはいけないですし)


victor
tyra
kinessa
skye
使っていたのはここらでしょうか。
一応、androxusも使っていたはずだがそこまで暴れていた記憶はない。

強キャラではないが、一番使っていたのがskye
スカイはOWソンブラの劣化版、というかソンブラが超絶強キャラというのもあるが、スカイについてた名称が「片道切符」
キルしたら死ぬのが普通なので強くはない。そんなキャラを訳あって使っていたが、ダメージキル一位でデスを0にするのは割と簡単
スポンサーリンク

Skyeの使い方

スカイは立ち回り命。敵がいないルートを通り裏を取る。これが上手くいかない人は使ってはならない(キャラ自体弱いから)
  1. 裏取り&一番後ろの敵を狙う
  2. 裏取りの際は安全な場所を「拠点」にし、そこまで透明になって行ったり帰ってきたりする。
  3. スキルが回復&敵がリスポンしてきたら後ろから襲うの繰り返し
  4. 孤立してる敵を、毒針からの通常攻撃で倒す
  5. そのまま帰還or次のターゲットを狙う
複数のターゲットに絡まれた場合、もしくは絡まれそうな時は
マップを上手く使い逃げることが大事
敵陣真ん中など逃げ切るのが無理な場所での交戦は避けるということが大事
倒しきれる敵を狙うというのも大事

ULTは敵が密集しているとこに不意に置く
2キル3キル喜んで~状態になります。ULTはかなり強い、残った敵も毒針からの通常で倒せるしフロントラインのキャラも倒せる


一通り書いたが、強いわけではないのでこれ極める位なら他のキャラがいいのではないかと思う。



筆者が戦ってて巧さを感じたキャラ

maeve
上手い使い手がいて、割とさくっと殺されてびっくりしたのが今でも印象深い。
skyeだと前線の敵はマークしないので裏取り時に引っかけられるときついキャラ。気を抜いてるときとかにくるとやばいですね


パラディンズオススメの強キャラクター

スポンサーリンク
強キャラといえばEvie。これ以外あり得なかったですね。フォーラムも荒れた記憶がある

「死なない」
というのが最大のメリットでそれなりに使えていれば死ぬことはまずありません。
死ぬのは決まって逃げるスキルを突っ込む時に使ってしまっている
無敵&脱出スキルに長けていて、まあ強いです。
キャラによってはイーヴィーを倒すのがかなり辛いですからね。


プロがよく使っているキャラ

bombking
そうボムキング
時々プロの試合を見てましたが、K/Dが割と安定してたのがボムキングですね。
特に印象は無かったが強いようです


cassie
キャシーは割とピックされているがそこまで刺さっている気もしない。
私がキネッサで無双してたのもあってあまりキャシー気にしたことがなかったがランカーの試合では割といます


モンタージュ常連のハイライトキャラ
逃げることにも追うことにも使えるステップスキルが強い。
エイムに自信があれば死なずにキルを稼げるのが魅力です
maldamba
結構な頻度で見かけるサポートヒーラー



立ち回りが命のゲーム

どのFPSでもそうだがこれは特に大事。
敵を倒すというのも大事だが、敵に倒されないような位置取り、そして逃げ方が大事
撃ち合いはあまり良くないし被弾が多いとデスは免れない
移動スキルがとにかく大事なゲームなので上手く逃げる、持ってないキャラは障害物などマップの構造を利用して生き抜くのが非常に大事になる。OWのように一瞬で事故死ということはまずないので甘い立ち回りになることも多いが、逃げ切れず死ぬことも多いのでシビアな立ち回りが要求される

敵陣に突っ込んでキャリーする戦い方は安定しないし、少なくとも自分は安定しないのでそういうやり方で死なずに無双出来る方がいるのであればその人を参考にすべきだろう



その他の話

フェルナンドが強いと聞いて少し驚いた。
確かに優勢のときには強い、ただその他ではあまり感じなかった。OWのラインハルトを弱くしたようなイメージしかない。
全体的にキルが稼げないフロントラインが得意ではないというのもあるかもしれない。
1on1に弱くてキル出来ないけど死なないという泥仕合が多く、アンドロカクタスと何分も試合そっちのけで戦っていたことを思い出す。結局敵の援軍がやっときて殺されるという悲惨なこともあった

死なないというのは大事だが、全体的にプレイヤーが上手くないのでキルを稼いだ方がいいというのもあるが、高いレベルになってくると重要度は高くなる。
マップを上手く使っていけば死ににくいのでわざわざ体力自慢のフロントラインを私はピックしなかった。
そもそも裏を取られたり不意打ちでの死亡が他のシューターより圧倒的に少ない。立ち回りのせいかもしれないが・・それにキネッサ使うととにかく絡まれる。ただスキルも移動系のものが割とあるゲームなので「立ち回り」or「移動スキル」さえ上手く使えればあまり死ぬようなことはないですからね。



スポンサーリンク

トロフィー、実績を攻略、レビュー

トロフィーよりも実績の方が多く難易度も高い。
トロフィーの方は簡単という人もいるがかなり難しい部類

最難関が

bounty hunter

15キルストリークした敵を倒すのではなく
とどめを刺したキルストリークが15以上の敵を倒す。というもの
英文だと
15 killstreak ×
15 slays killstreak ○

試しに自分がトドメを刺した数が15キルストリーク以上で敵を倒しても取れず
単に15キルストリークをした敵を倒しても取れなかった。
目安となるのが場内放送でannihilatingと紹介されたら15slayキルストリークのプレイヤーがいるということ。敵ならば倒しに行くべし。

基本普通にやるとここまで強いユーザーはいないので自分も倒されにいって数を稼ぐしかない。ただ、15slayになる前に死ぬのはもちろん、味方と敵のバランスが良くなくてはならず味方が弱すぎても強すぎても試合の展開的に難しい。MOHのアパッチやファイアーコントロールだかのトロフィーと似ていて、自分のスキルだけではどうしようもなく試合の展開も左右される難しいトロフィー倒すだけなら簡単だが付加要素が強すぎて鬼畜トロフィーといっても過言ではない。


では何故トロフィー難易度が低いのかというと、このトロフィーは談合で取るのが当たり前という風習のようなものがあり、トロフィーコミュニティでも頻繁に募集されるのがこのバウンティハンタートロフィー。野良で取れたら「運が良かった」だけで片付けられるトロフィーで全く疲労に見合った物ではない。強い敵を待ちながら試合をするというのも無理な為試合を楽しむことが出来ずただただ苦痛なだけなクレイジートロフィーである。

取るのであれば確実に裏を取れて対象の敵を倒せるキャラskyeはオススメではある

バグがあるのがチャンピオンを5レベルに四人。のトロフィー正確には5レベルのチャンピオンを⑥キャラ必要である



他に難しかったり癖があるのが
survival
ドラゴを選び、地面や壁に攻撃を当てて自爆し10%ヘルスをキープする。
かなり時間がかかるので試合の展開によっては取れない試合もあるかも。あとしあいそっちのけでやるため暴言等の批判は避けられないし、褒められた行動ではないことは確か


hard carry
20slayキルが必要で、試合展開によっては厳しいときも多々ある
キルを奪われるケースも多いのでskyeらへんで裏取りをした方がいいかもしれない。ビクターとかだととにかく横取りをされるのでslayが嵩まない



総括

パラディンズは無料で遊べますし、今では日本語化されているので人も多いようですし、前と比べるとキャラクターも順調に増えていて遊びごたえもあります、
一度はやってみて貰いたいゲームですね